こだわりの霊園特集

  1. ホーム
  2. 永代供養のできる霊園

永代供養のできる霊園

墓地代の正式名称は「永代使用料」。初回の費用を支払えば、どんな霊園でも永代にわたって使用できるのでは? と思われる方も多いと思います。しかし実際は、あくまでも「墓地の使用者(法律では「祖先の祭祀を主催すべき者」と表現されます)」が存在する限りにおいて使用できるというのが前提になっています。墓地の使用者が亡くなり、墓地の使用権を譲り受ける(承継)人もいない場合、墓地の使用権は取り消され、建立された墓石や納骨されているご遺骨も一定期間を過ぎると撤去されてしまうのが一般的です。
さて、「永代供養」という言葉の定義についてですが、これは霊園によってばらつきがあり、特に「永代管理」と混同されることが多いようです。
「永代管理」というのは何十年分、何百年分の管理料をまとめて支払えば、後の維持費がかからないというシステムです。必ずしも無縁になった墓石やご遺骨を供養してくれるとは限りません。
ここでは文字通り墓石やご遺骨を、永代にわたり「供養」してくれる霊園をご紹介します。

「永代供養」って最近よく聞くけど、ちゃんと供養してくれる霊園をえらばないとね!

オススメ霊園

園内に永代合祀墓があります。お墓を建てたにもかかわらず代が途絶えてしまった場合、ご遺骨はこの合祀墓に、お墓の軸石は無縁棚に移されます(無料)。いずれも毎年定期的に合同法要を行っています。
また、通常のお墓以外に「永代供養墓」というものも取り扱っています。前述の「永代管理」と「永代供養」を組み合わせた画期的なお墓です。
万一代が途絶えてもお墓やご遺骨はそのまま残り、さらに毎年合同供養も行われます。

お問い合わせはこちら お気軽にご相談ください 0120-01-9999 受付時間 AM9:30~PM5:30

お墓・仏事を考えるコラム

相続税がよくわかる! 「生前建墓と節税」のお話。
お墓は相続税のかからない「祭祀財産」お墓には相続税がかからない、というのをご存知でしょうか?墓地や墓石は「祭祀財産」と呼ばれ、承継 ...続きを読む
誤解だらけの「永代供養」。
人気のキーワード「永代供養」ですが・・・お墓に関連するキーワードとして最近注目を集めているのが「永代供養」。読んで字の如く「永代」 ...続きを読む

お墓のQ&A

開眼法要の際のお布施は、どれくらいが適当?
明確な決まりはありませんが、一般的にお寺様へのお布施は3万円ぐらいからと言われています。
包紙には、紅白水引(みずひき)ののし袋を...続きを読む
閏年(うるうどし)にお墓を建ててはいけないって本当?
江戸時代、閏年は13か月ありました。その分給料が増えたかというとそうではなく、年俸制だった武士の給料は、いつもの年と同じだったの...続きを読む